9/25から10/10までの作業を報告します。

いんちき、簡単、そして安価に、ホントニ出来るの?無謀なエス全塗装劇場のはじまり、はじまりイ。

2005/09
ナカムラニーヤン、 「S800」
禁断のシロートオールペ
ン決行!

「日本の名車」「ホンダの宝」「オヤジどもの憧れ」
ホンダS800を板金実験車としてシロートオヤジが切り刻んで
いいんであろうか!
これはまさしく往年のアイドル歌手を長年に及ぶストーカー行為
の果て、拉致、監禁、強姦、バラバラ殺人事件にまで発展させた
変質的偏愛者であるN氏の犯罪日記である。 

 
       笑

*ここからの文章、写真はナカムラ氏本人による原文のまま、アップいたします!

今年の春、矢印部分の塗装が浮いた。

下の鉄板は錆びていた。補修の痕もある。

気になる部分をマジックで印。

左のドアは新品(15年前)なのに、フロアー

の方が膨らんできたのか?(本体は41歳)

PORやサフとの相性が悪いのか?知識や技術もないし、やはり無謀か?なぜか剥がれるパテ

3回もやり直した。結局PORや錆止めサフを剥がして鉄板にパテの直付けで完了。

パテ付きに苦労した右側ドアの下地の基礎もなんとか完了

複雑にラインが交錯し難しかった部分。

右側と比べても大体良し、取りあえず完了。

気になっていた所もパテ厚付け修正でよし??

うーん何層あるか目が回って勘定できない。

小さなひび割れをめくってみると、厚いパテの下に

GTウイングかキャリヤの取付け穴か?傘か?

左右同じ所に補修の痕がある。(左はひび割れ無し)

今回パス。

リヤだけでこの量、全て隔離すると一輪車一杯分は予想される。

(やりません)

ランダムサンダーとファイバーパテは大活躍、ありがとう。次週はフロントへ移ります。