2010/09/26

滋賀県 湖北
田舎暮らしフェスタ(村営)
「空家見学会」へ参加してきました

そもそもこのイベントに出席させてもらうきっかけとなったのは
最近どうしても出かけてしまう単独バイクツーリング、
「山間部限界集落をたずねて
の旅※マイブームです
にてたまたま休憩した米原市の山奥(
)の自動販売機
(たぶん村で一台しか設置されてなさそうな感じ 

前にて畑作業をされておられた方とお話した事が始まりです。

一人ツーリングということもあり旅先で他人様にお声をかける事には
多少のテレはありましたがすんなりと打ち解けることができ
さらにとってもいい出会いが待っていました。

なぜかふしぎにも速攻で意気投合したオヤジさんを
私のバイクで2ケツ(派出所はありません 
)にて
オヤジさん家まで移動、
移住された古民家のレストア
ぶりに大感動したのであります。
「9/26 隣村で空家フェアがあるから勉強してきなさい」
との教えを受け今回の村おこしイベント参加の運びとなった
のであります

参加人員50名程の
 手作りイベント

茅葺屋根にトタン張りの築100年以上かと思われる「日本の正しき家」

それぞれの集落を歩き回った後は地元ばあちゃんご当地料理、
これがスンバラシクうまかった!

伊吹山の北西に当たる滋賀県米原市下板並地区、
山里の原風景を絵に描いたような集落が姉川に沿って
数十世帯ごとの部落を形成し現在もそこには生活がありました。

私のハートにヒットするキーワード

田舎暮らし
移住
古民家
開墾無農薬

ものめずらしさの観光気分で彷徨っているのではありません、
なぜ惹かれるのか自分にも整理できていませんが
当分この行動パターンは続きそうです